純金素材フィルターで淹れる理由 - Cores ゴールドフィルター

コーヒーの抽出に純金素材を使う理由

コーヒー豆が持つ個性や旨味成分を味わうには、コーヒーオイルをそのまま抽出することが重要で、オイルが吸収されてしまうペーパーフィルターよりも金属フィルターの方がお勧めです。そして、その金属素材にはイオン化しにくいゴールドが良いといえます。下図を見ての通り、ゴールド(Au)は最も酸化しにくく、金属イオンを発生しにくい金属です。さらに、微量の金イオンはコーヒーの味に良い影響を与えていると当社は考えています。

  • ステンレスのイオン化傾向は銅(Cu)と同程度。チタン(Ti)やアルミニウム(Al)は「不動態」(※)となるため錆びず、金属イオンをほとんど発生しない。
    ※「不動態」とは・・・金属表面に腐食作用に抵抗する酸化被膜が生じた状態のこと。
  • 金属イオンを発生しにくいチタンとゴールドの金属フィルターでコーヒーを抽出し比較すると、ゴールドフィルターで抽出したコーヒーの方が、まろやかで口当たりが良い傾向がある。このことから、微量に発生している金イオンが、コーヒーの味に良い影響を与えていると考えられる。(丸山珈琲検証結果)

Coresゴールドフィルターのメッシュの特長

フィルターのメッシュは、肉眼でもはっきり見えるほど粗いため、微粉を取り除くことはできませんが、コーヒー本体のうまみ成分であるオイルをそのまま抽出できる利点があります。お勧めのコーヒー豆は、焙煎したての中~粗挽きで、浅~中煎りに向いています。湯のホールド力が強くないため短時間での抽出が可能で、スペシャルティコーヒーのすっきりしたフルーティーな味わいが存分に味わえます。

コレスゴールドフィルターの
縦長形状のメッシュホール
メッシュホールが縦に長いので
目詰まりが起こらず
スムーズにお湯が抜ける。
メッシュホールが丸いフィルターや
ペーパーフィルター
ペーパーフィルターや
メッシュホールが丸いフィルターは
目詰まりを起こし、
お湯の抜けが悪くなる。
縦長形状のメッシュホール
湯の抜けが良くするために、ホールの大きさは肉眼で分かるぐらい粗くなっています。
スリットの形状も縦型にすることで目詰まりが起こらず、コーヒーのフレーバーと特長を出すための『高温短時間抽出』に適したホール形状です。
お湯の抜けたスムーズになるように、
メッシュの穴開けは
メッシュの裏側から表側に向かって
抜けている。
メッシュ断面図イメージ
メッシュホールの加工方法
メッシュ穴開け加工は、内側から外側に向けてエッチング加工されています。
これによっても、お湯が抜けやすく、短時間抽出をさらに促進させています。
  • 金属フィルターの構造上、抽出したコーヒーにある程度の微粉が出ますが品質に問題はありません。気になる方は、飲む際にカップに一口分を残すようにしてお飲みください。
  • 適度にお湯をホールドさせる為に、ガスが抜けきっていない状態の、焙煎まもない新鮮な豆を使用することをお勧めします。
▶ 続きを読む『ハンドドリップの種類』
× 閉じる

ハンドドリップの種類

同じ豆でも抽出方法によって違う味わいになります。ハンドドリップの抽出方法は色々あり、自分の好きな味わいを求めて、あるいは豆によって、その時の気分によって、抽出方法を変えることができるのも、コーヒーの楽しみのひとつです。

Gold Filter
Paper Dripper
Nylon
Flannel Filter
French Press
Aero Press
  • 中~粗挽きがオススメ
  • ほどよいオイル感が透過される
  • 豆の個性をダイレクトに抽出
  • 手軽でゴミが少ない
Gold Filter ゴールドフィルター
純金でコーティングされている金属メッシュフィルター。半永久的に使用できるため、ペーパーの再購入の手間や、ネルの後処理に煩わされることがありません。ゴールドは化学変化しにくいため、コーヒーを酸化させにくく、コーヒー本来の味を楽しむことができます。
ペーパーに比べて、メッシュの目が粗いため微粉を取り除くことはできませんが、コーヒー本体のうまみ成分であるオイルをそのままコーヒーに抽出できる利点があります。コーヒー豆本来の味を楽しめるため、スペシャルティコーヒーの抽出に最適です。中~粗挽き、浅~中煎りの豆に向いています。
湯のホールド力も強くないため、短時間での抽出が可能です。スペシャルティコーヒーのすっきりしたフルーティーな味わいを楽しみたい場合に適しています。
  • 細~粗挽きがオススメ
  • 明るくクリアな質感
  • 器具が比較的低コスト
  • 手入れが簡単
Paper Dripper ペーパーフィルター
ペーパーフィルターによるドリップは、取扱が簡単ということもあり、日本では比較的人気の抽出方法です。
コーヒーの微粉はペーパーの目を通らないため、コーヒーの液に微粉が入らず、クリアですっきりした味わいの傾向です。しかし、コーヒーのうまみを増幅させる成分であるコーヒーオイルが、ペーパーに吸収されてしまうという一面もあります。
メーカーによって、ドリッパーの形は円錐型と台形型があり、リブは高さと長さ、抽出穴は大きさや数に違いがあります。これらの違いによって、抽出されるコーヒーの味も変わります。
例えばリブに関して言えば、リブが上から入っている場合は、コーヒーの抽出速度が速くなり、コーヒー粉に浸される時間が短いため、あっさりとした軽やかなコーヒーに。リブが中ほどまでしかない短いタイプは、コーヒーの抽出速度は遅くなり、コーヒー粉に浸される時間が長くなるため、しっかりとしたコクのあるコーヒーに仕上がります。
  • 中挽き~中粗挽きがオススメ
  • ほどよいオイル感が透過される
  • 手軽でゴミが少ない
  • 金属フィルターに比べ低コスト
Nylon Filter ナイロンフィルター
ナイロン製で使用後は洗って繰り返し使えるフィルターなので、ペーパーフィルターと比べると経済的です。
メッシュの粗さはペーパーフィルターより粗いですが、様々な粗さのものがあります。また、ペーパーフィルターはコーヒーのうまみ成分であるオイルを吸収してしまいますが、ゴールドフィルター同様、オイルも一緒に抽出できるので、豆の特徴を味わうことができます。
ただし、メッシュのきめが均一でないため安定した味が出しにくいことや、ナイロン製のためナイロン独特の香りがコーヒーに多少影響を与えてしまうことがあります。
  • 中挽き~粗挽きがオススメ
  • まろやかで厚みのある質感
  • 角がなく甘さを感じる味わい
  • 淹れ方の自由度が高い
Flannel Filter 布(ネル)フィルター
コクと香り、まろやかな味わいのコーヒーを抽出できると言われているネルドリップです。
ペーパーや金属の違い、湯を注いだ後、ネルも豆同様ふくらむため、ホールド力が一層強くなります。そのため、豆の持つ様々な味が抽出されるので、まろやかでコクのあるコーヒーに仕上げることができます。
ただし、ネルドリップで美味しくコーヒーを入れるには、コーヒー豆に細かく1滴1滴お湯を注ぎ続ける技術が必要です。また、1回1回ネルを洗浄しなければいけない手間がかかるため、家庭用としてはペーパーフィルターほど普及していません。
  • 中挽き~粗挽きがオススメ
  • 香りや口あたりをよくするオイルが豊か
  • 手間が簡単で味の再現性が高い
  • テーブルに映える高いデザイン性
French Press フレンチプレス
豆に湯を浸透させ、ブランジャーを押し込み、金属フィルターで濾してコーヒーを抽出させます。
最後に金属またはナイロンのメッシュで濾すことにより、コーヒーオイルも抽出することができます。基本的に3~4分間湯をコーヒーに浸すので、雑味成分も含めたコーヒーの持つすべての成分が抽出されます。すべての味わいが抽出されてしまうのは、利点でもあり難点でもありますが、スペシャルティコーヒーのような良質の豆からの抽出には適した方法と言えます。
  • 中挽きがオススメ
  • 手早く、少人数分淹れるのに適している
  • 微粉が残らずクリアな味わい
Aero Press エアロプレス
エアロプレスは手で空気圧をかけて、コーヒーを抽出します。
金属メッシュの別売もありますが、通常はペーパーフィルターで濾すため、コーヒーオイルは抽出することはできません。コーヒーの持つすべての成分が抽出されますが、オイル成分を抽出しない分、フレンチプレスよりクリアなテイストになります。
2016年2月掲載内容更新